経営理念を創る書道家
藤井翔夢

本気で挑むことってありますか?

オススメ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

【vol.1623】

 

 

人と向き合う時

本気で挑んでますか?

自分自身にも本気で

向き合ってますか?

 

 

今日はそんなお話です

 

 


 

経営理念を経営者と共に

創っていく書導家

藤井翔夢です

 


 

それでは2023年11月1日(水)

いってみよう

 

 

今日から11月がスタート

今朝は朝活の後、来客があり

すぐに朔日参りを兼ねて

ウォーキングからスタート

 

 

京都はめちゃくちゃいい天気で

朝日を浴びながら絶好調の

スタートとなりました

 

 

毎月1キロ減量すると宣言してから

減ったり増えたりの繰り返し

繰り返しながら減ってくれればいいんだけどね

 

 

飲み会があるとどうしても

普段よりもお酒、食事の量が増える

 

 

自分でセーブしないといけないけど

我慢するのも嫌だから

よく食べてよく動く

これに限るね

 

 

さてこの時期になると

このブログのコミュニティの

年に一度のビッグイベント

RE:BORNアワードが開催される

 

 

その練習会が既に始まっている

連日深夜まで行われる練習会

 

 

 

 

これはもう過酷そのもの

必死で自分の人生の棚卸しをして

プレゼンを作って発表する

 

 

が、しかしそこに待ち受けているのは

サポーターからの愛の本気のフィードバック

 

 

今の時代、褒めて褒めて褒めたおす

なだめて寄り添いみんなでいいやんって。。。

 

 

この場にはそれはない

本気でぶつかる

 

 

もちろん、いいところは全力で褒める

 

 

これは経験した者にしか分からない

逃げ出したい気持ちを

自分の不甲斐なさをバネに

奮い立たせる

 

 

登壇者とサポーター

主催の板坂裕治郎さん

本当にガチンコで挑む

 

 

俺は昨年、念願の出場を果たした

結果は準優勝

 

 

 

 

応援団も結成されて本当に

嬉しかった

 

 

この時の練習会から本番までの

自分の深堀とみんなからのフィードバックが

今の自分の覚悟に繋がっている

 

 

 

 

正直昨年の本番では書道家に転身して

世の中そんなに甘くなく

ぶっちゃけしんどい時期だった

 

 

ただそれでも最後自分の言葉で語り、

その言葉はもちろん観客の皆さんから

頂いた評価シートの言葉が今でも

強烈に残っていて改めて覚悟に繋がった

 

 

人のことにここまで本気になれることある?

 

 

人が自分のために本気でぶつかってくれる

自分が自分に本気じゃなきゃ嘘だよな

 

 

今年は恩送り

もちろんボランティア

だけど関わっていく

 

 

ここには経験した者にしか

分からないことがある

 

 

自分に欠けてるものを

気づかせてくれるものがある

 

 

まだまだカッコつけてる俺がいる

自分ではそんなことないと

思っていても周りから見ればカッコつけてる

 

 

曝け出しているつもりでも

そうは思われない

 

 

この辺りは自分の今後の課題

これを気づかせてくれたのも

REBORNに出たからだ

 

 

自分なりにできることを

登壇者には伝えて支えていきたい

 

 

来る12月6日

魂が震えるビッグイベントに来てください

広島で待ってます

 

 

申し込みはこちらから⬇️

 

 

 

 

 

今日も読んでくださり

ありがとうございます

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 〒615-8202
京都市西京区松室吾田神町192
エンティム上桂205
営業時間 9:30〜17:30
定休日 日・祝日
書道家 藤井翔夢HP

コメントを残す

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930