経営理念を創る書道家
藤井翔夢

今いる場所で自分なりのトップになろう

オススメ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

【vol.666】

 

 

「想い」を建築する書
「翔夢」です

 

 

 

「想い」を建築するとは・・・

 

 

 

関わる全ての人が、

その「想い」という
構造物の中で切磋琢磨し
成長し幸せになること

 

 

それを”書の力”できだす

 

 

 

あなたは人生において

何かの分野でトップに

なったことはありますか?

 

 

どんなに小さな世界でもいいから

そこでトップを目指すこともいい

 

 

いきなり大きなところや

ライバルが多いところで

トップは取りにくい

 

 

例えば職場の部署だとしよう

 

 

まずは自分が所属する部署

少人数がいいだろうね

 

 

会社なら部署があって

係があると思う

 

 

そこで与えられた仕事を

期待以上にやることを心がける

 

 

上司や先輩も期待以上の

結果を少しずつでも見せてくれると

段々と次の仕事を与える

 

 

それをまたただやるだけではなく

期待以上のものを出していく

 

 

与えられたことをやるのは

仕事じゃない

 

 

自分で考えて求められてる以上の

ことをやるのが仕事

 

 

こうなればやがて同期の中でも

トップを取れるだろう

 

 

俺は初めて社会人になって

同期が京都の超一流大学の

それも院卒だった〜〜〜

 

 

俺は地方の大学。。。

 

 

その時決めたね!

 

 

頭じゃ敵わない

だから絶対何か一つ絶対負けないことを

見つけてやり抜く

 

 

法律や理論などは勝てなかったけど

図面を美しく書くことや

忘年会やお花見など会合は率先して

幹事をやって盛り上げた

 

 

するとやがて案件を任されるようになり

現場も担当させてもらえるようになった

 

 

この経験がその後の仕事や

世間との付き合い方などに

役に立っていった

 

 

自分が今いる場で自分にできる

トップに成る

 

 

どんなに小さなところでもいい

どんなに小さなことでもいい

 

 

 

 

頂点!!!

頂を取る

 

 

地域の集まりやPTA、イベント

 

 

何かの分野で結果を出すことで

少しずつ自信になっていく

 

 

サポート役でもいい

人は必ず見ているから

 

 

その積み重ねが後に

大きなつながりになっていく

 

 

嫌々やるより与えられた

ポジションでワクワクしながら

やってみよう

 

 

どうせやるなら楽しいほうがいいに

決まってる

 

 

自分を信じてどうせ無理

私なんかにできないじゃなく

やってみよう

 

 

 

 

命をテーマにしたコラボ作品展を

開催します

 

 

 

 

<↑クリックすると申し込みページになります>

 

 

 

 

 

☆想いを建築する書家です↓

 

 

☆毎朝7時からLive配信中!

 

 

☆書導家 藤井 翔夢のLive配信ページはこちら

 

 

☆書導家 藤井 翔夢のページはこちら

 

 

☆書導家 藤井 翔夢のインスタはこちら

 

 

 

ありがとう☆

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 京都府京都市上京区新烏丸頭町190
イストワール御所東107
営業時間 9:30〜17:30
定休日 日・祝日
書道家 藤井翔夢HP

コメントを残す

人気記事(月間)

月別記事

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss