経営理念を創る書道家
藤井翔夢

小さな一つ一つの繋がりを大切に

オススメ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

【vol.1289】

 

無事、京都に帰ってきました

昨日の講話とパフォーマンス

これは小さなご縁から

生まれたことです

 

今日はそんなお話です

 


 

どん底からどう生きるか

明確になった漢の

第二の人生物語

 


 

それでは2022年10月3日(月)

いってみよう

 

 

今日、ヤクルトがリーグ優勝

村上選手が令和初、史上最年少での

三冠王達成とホームラン56号達成

 

終盤は物凄いプレッシャーだったのか

50打席以上不発でした

 

それでも最終戦で見事達成

 

本当に脱帽です

 

脱帽といえば今回ご縁を頂いた

高松山観音寺様

 

寺嫁の矢島智恵美さんとは

朝活で知り合いました

 

 

 

 

一番左が同じく朝活で知り合った

会津の寺嫁の高森純子さん

 

一番右が矢島智恵美さん

 

黒の翔夢Tシャツを作った際に

すぐに購入してくださった

 

揃って写真撮れるなんて

日が来るとは想像もしてなかった

 

智恵美さんがお寺でイベントの際に

パフォーマンスやる?

 

って聞いてくれて

 

うん、やりたい!

 

ってとんとん拍子に進んだ

 

 

 

 

先日の祈りのフェスティバルで

書いたも飾っていただき

その横でお話しさせていただいた

 

45分の持ち時間を話し出すと

やっぱり熱くなって

どんどん話してしまった笑

 

自分のど真ん中

 

というテーマで講話をしました

 

自分の中にある

悔しい経験や

失敗した経験

 

それがすごいエネルギーとなる

 

甲子園を諦めたことが

人生最大唯一の後悔

 

ここから二度と人生を

諦めないと決めて

様々な経験を乗り越えてきた

 

人は経験の中からしか

熱く語ることはできないし

語る資格はない

 

本を読んでそれを

もっともらしく言ってみたり

人から借りてきた言葉なんて

全く響かない

 

経験談が説得力を増す

その経験を糧に書道家になって

ブログを書いて師匠の本に

掲載された

 

 

 

 

講話の後、本の紹介をしたところ

10冊も購入してくださった

 

 

 

 

師匠の本だけど

 

サインして欲しい

 

と言っていただき

厚かましくもサインしました

 

その後は、冒頭の高森純子さんの

ご子息と念願のキャッチボール

 

 

 

 

久しぶりにボールを握り

キャッチボールしたけど

やっぱ気持ちよかった

 

ボールの握り方

腕の振り方

グラブ捌き

足の運びなど

 

伝えたいことが多すぎて

でも最低限のことを伝えることができた

 

じわりと汗をかき

本当に久しぶりの感覚

 

やっぱ野球が好きだな

特に少年野球

 

余裕ができたら

また監督やってみたいなあ

 

こうして小さな一つ一つの

ご縁、繋がりを大切にして

関係性は築かれる

 

 

自分が発信すること

表現することが

誰かの役に立つ

 

誰かの一歩踏み出す

原動力になれば嬉しいです

 

 

 

 

特別な情報をお届けします

公式LINE登録してね☆

 

 

 

画像をクリックするとリンクツリーに飛びます

 

ありがとう☆

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 〒615-8213
京都市西京区上桂北村町123−109
営業時間 9:30〜17:30
定休日 日・祝日
書道家 藤井翔夢HP

関連記事

コメントを残す

人気記事(トータル)

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031