経営理念を創る書道家
藤井翔夢

飛ぶ鳥跡を濁さず

オススメ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

【vol.1417】

 

 

一つ一つピリオドを打つ

その一つを粛々とこなしている

 

 

今日はそんなお話です

 


 

百年先も笑顔のある暮らし

を提案する日本で唯一の

書導家&建築デザイナー

 


 

それでは2023年2月7日(火)

いってみよう

 

 

2022年になったばかりの時

香川から京都へ戻ってきた

 

 

京都で工務店を手伝ってほしい

 

 

その言葉から全てが始まった

 

 

書道家一本では中々飯が食えず

香川に帰って暮らしてた時だった

 

 

やっぱり京都に縁があるのかなあ

そんな風に思ってまた京都へ戻った

 

 

待っていたのは創業75年の工務店

一族で経営されていたが

後継者がいなくて解散寸前

 

 

そこで75年の歴史を閉ざすのは

勿体無いと思ってた

 

 

先代の社長が5月に亡くなり

俺が引き継いだ

 

 

いざ蓋を開けて見ると

聞かされてないことがあった

 

 

それでも作業場をきれいにしたり

残土処分をしたり

本社を改装して賃貸にしたり

それなりに改革してきた

 

 

しかしながらよくある

諸問題によってこれ以上

俺が経営することは

筋道も違うし辞任を決めた

 

 

今後、会社がどうなるかは

未定だけど俺の手では

どうにもならないとこまできた

 

 

 

 

辞任に当たって残務処理や

現場引き継ぎなど

やることが山積み。。。

 

 

でも全部ほったらして

知らんふりはできない

 

 

飛ぶ鳥跡を濁さず

 

 

少なくとも一年お世話になった会社だ

ってことで今日は道具を整理した

 

 

2トンダンプ満載

すごい道具の数だった

 

 

倉庫の2階から1階へピストン

久しぶりに力仕事をして

汗もかいて気持ちよかった

 

 

腹ペコでお昼はこれまた

久しぶりに王将でガッツリ!!!

 

 

よく働きよく食べる

これに限るね

 

 

これからは自分の元々の会社

 

株式会社R-villageをメインに

活動していくので改めて

宜しくお願いします

 

 

 

【今日の禅語】

 

 

 

 

紅炉上一点雪

こうろじょういってんのゆき

 

赤々と燃える炉に舞い落ちる

ひとひらの雪は

瞬時に跡形もなくとけていく

 

 

思い(雪、煩悩)をとどめない心(炉)を

もつことが大切である

 

 

情報は煩悩のもと、管理を徹底する

 

 

今日も読んでくださり

ありがとうございます

 

 

 

 

特別な情報をお届けします

公式LINE登録してね☆

 

 

画像をクリックするとリンクツリーに飛びます

 

ありがとう☆

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 〒615-8202
京都市西京区松室吾田神町192
エンティム上桂205
営業時間 9:30〜17:30
定休日 日・祝日
書道家 藤井翔夢HP

コメントを残す

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031