経営理念を創る書道家
藤井翔夢

いつから熱い想いを忘れたんだろう

オススメ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

【vol.1639】

 

 

いつしか情熱がなくなる

そんな経験ないですか?

あの頃の熱い想いはどこへ行ったんだ?

 

 

それはどこからくるものなのか?

 

 

今日はそんなお話です

 

 


 

経営理念を経営者と共に

創っていく書導家

藤井翔夢です

 


 

それでは2023年11月18日(土)

いってみよう

 

 

人はこの世に生まれてきた時は

純粋無垢の状態で生まれてくる

 

 

感情もなく恐れもなく失敗もなく

まだまだ幸せと感じることもない

 

 

それが次第に成長し子供から

大人へなっていく過程で様々な経験をする

 

 

失敗した経験

恥ずかしい思いをしたこと

めっちゃ嬉しかったこと

悲しかったこと

親に褒められたこと

 

 

いろんな感情と共に

成長していく

 

 

さらにとんでもない経験や

どん底を味わうと

二つの生き方に分かれる

 

 

一つめはもう人生を諦めかけること

もう一つはそれをバネにして

強く生きようとすること

 

 

一つめは、乗り越えたんだけど

もうあんな思いはしたくないとか

騙されたりして人間不信になり

もういいやって諦めてしまう

 

 

段々と冒険しなくなり

小さくまとまってしまう

 

 

いつしか熱い想いは無くなってしまう

いや、もしかすると熱い想いは

まだ持っているかもしれない

 

 

二つめの生き方であるバネにする人は

ある意味ほっといても

自分でトライアンドエラーを

繰り返しながら突き進んでいく

 

 

俺は一つめの生き方

熱い想いはまだあるのに

燻っていて何かのきっかけを待ってる

 

 

誰かに相談したいけど

誰に言えばいいか分からない

 

 

経営者は孤独と言います

確かにそうです

ただ、同じ立場の人はいる

 

 

一人で抱え込んでないで

とにかく動いてみる

動くと必ず何かの反応や気づきや

出会いがある

 

 

その中で自分と同じ立場の人や

相談できそうな人と見つける

 

 

とにかく一人で抱え込まない

まだまだチャンスはあるし

このまま人生終わっていいのか?

って問いただして欲しい

 

 

俺は、そんな経営者の力になりたい

 

 

まだまだ自分自身も道半ばだけど

熱い想いを再び覚醒して

実現したいと願っている

経営者の応援をしたい

 

 

今日も読んでくださり

ありがとうございます

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 〒615-8202
京都市西京区松室吾田神町192
エンティム上桂205
営業時間 9:30〜17:30
定休日 日・祝日
書道家 藤井翔夢HP

コメントを残す

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930