経営理念を創る書道家
藤井翔夢

上手く書こうと思わないこと〜鈴木敏夫とジブリ展で見たもの〜

オススメ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

【vol.1181】

 

 

よく聞かれます

いつから字を習ってたんですか?

 

 

5歳からです

 

 

それなら。。。

上手いはずですね

 

 

いやいや上手く書こうとしてません?

 

 

今日はそんなお話です

 

 


 

家庭を捨て、大切なものを

見失い、借金だけが残った

漢の第二の人生物語

 


 

それでは2022年6月17日(金)

いってみよう

 

 

コロナ禍からどんどん一気に

リアルの世界に戻りつつある

 

 

先日も名古屋に70名が集結した

 

 

とにかくリアルがいい

 

 

登壇者の身振り手振り

服装から足のつま先まで

全身を目で捉えることができ

表情までもがガンガン伝わってくる

 

 

オンラインやデジタルは

効率を高めてくれて

情報も集めやすいし本当に

現代ではなくてはならない

 

 

その一方でいつまで経っても

無くならないものがある

 

 

人の手で創り出すもの

 

 

人類が存在する限り

人の手で創り出されるものは

絶対無くならない

 

 

昨日は仕事の合間をぬって

これに行ってきた

 

 

 

 

鈴木敏夫とジブリ展

 

 

平日だと言うのに

物凄い人だった

 

 

会場までは入場制限的なことが

あったけど中に入れば大渋滞で

物凄い人で全然ゆっくり見れなかった

 

 

相変わらずのすごいジブリ人気だ

 

 

これだけの人気はいくつかの要因が

あるだろうけど、こだわりや描写

様々ある中でボクは

 

 

人が創り出すものだから

 

 

と確信している

 

 

 

ボクはよく人から

 

 

何歳から字を習ってたんですか?

 

 

って聞かれる

 

 

5歳からです

と答えるとだから上手なんですね

と半ば諦めた感じで返事がくる

 

 

一つ言おう

 

 

いくら小さい頃から習ってても

下手な人はいる

 

 

下手と言えば語弊があるが

ボクがいつもお伝えすることは

 

 

 

丁寧に書くこと

 

 

少しでもキレイに見せようとかではなく

丁寧に書けば想いも伝わる

 

 

手書きの手紙をもらって

感動した経験は必ずあったはず

 

 

もう一つ大切なこと

 

 

人と比べない

 

 

ジブリ展で至る所にあったのが

鈴木敏夫さんが書いた

様々な言葉や書の数々だ

 

 

 

 

このおみくじの言葉

 

 

 

 

 

これも鈴木さんが書いたもの

 

 

実に個性が出ててそこには

上手いとか下手とか一切必要ない

 

 

とにかく味があるよね

 

 

いろんな人に宛てた手紙

タイトルさえも何案も書く

 

 

毛筆とデジタルの融合

 

 

中は撮影禁止だからお見せできないけど

是非、足を運んでほしい

 

 

丁寧に書くこと

それが丁寧な暮らしに繋がる

 

 

そして何度も書いて

自分のものにする

 

 

これから書く喜びや

書くことで得られる心の整理

ひらめきなど伝えていきたい

 

 

 

 

 

 

特別な情報をお届けします

公式LINE登録してね☆

 

 

 

画像をクリックするとリンクツリーに飛びます

 

ありがとう☆

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 〒769-2907 
香川県東かがわ市吉田622−1−18−2
営業時間 9:30〜17:30
定休日 日・祝日
書道家 藤井翔夢HP

コメントを残す