経営理念を創る書道家
藤井翔夢

たとえちっぽけな1人でも集まれば大役になる

オススメ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

【vol.1312】

 

1人で商売やってても

実はそうじゃない

 

2人以上いればそれは

組織って言われるけど

全ては小さな1人の存在から

 

今日はそんなお話です

 


 

どん底からどう生きるか

明確になった漢の

第二の人生物語

 


 

それでは2022年10月26日(水)

いってみよう

 

昨日、従兄弟の誕生日で

急遽、田舎に帰ってきた

 

一人っ子だった俺は

小さい頃からいつも

一緒にいた4つ下の従兄弟

 

この歳になってもこんなに

仲がいいって本当に不思議

だけど落ち着くんだよなあ

 

それで今回、すごいご縁を

感じる出来事があったけど

それは後ほど触れるとして

 

自分は本当にちっぽけな存在

だといつも思ってる

 

1人では何もできない

 

自給自足もできない

 

ただ、このちっぽけな

1人の存在が誰かと

一緒にいることで

大きなこともやってのける

 

会社を設立した時から

いきなり社員7人でスタート

 

やがて資金ショートして

解散に追い込まれるも

2人のスタッフが残ってくれて

再出発した

 

これも1人じゃなく

他に人がいてくれたから

できたこと

 

この22年の間に3度

経営危機を経験し

その度に1人になった

 

そこからいろんな勉強会に

参加したり交流会に行ったり

経営者の団体に入ったり

外へ外へ目を向けていった

 

でも本当は自分の中に答えがある

 

 

自分の内面を見つめ直す必要がある

それを知ってからは俯瞰して

見えるようになってずいぶん楽になった

 

墓参をするようになって

神社へお参りするようになって

心と対話することで

激変していった

 

その一つの神社が

鳴門市に位置する

大麻比古神社

 

 

 

 

実はこの神社にまつわることが

昨日さらに発覚した

 

学生の頃くらいからかな

ずっとこの神社はなぜか気になっていた

 

この神社は俺の守り神である

月龍のパワースポットだったことは

以前調べた時に分かってた

 

それもびっくりだったけど

従兄弟の母の名前が

 

麻子さん

 

なんとこの大麻比古神社

が由来で麻の字をつけたそうです

 

本当にご縁を感じる神社

 

 

6月に実家に帰る途中に

立ち寄った時のこと

 

熨斗、樫木、大屋根の

大改修するとのことで

屋根に使う銅板に

言葉を書いて奉納する企画があった

 

 

 

 

俺はクソ真面目に心を込めて書いた👆

 

10月の終わり頃に改修工事が

終わることをこの時聞いていたので

そろそろ終わってるかなと思ってた

 

そこで訪れてみると。。。

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ綺麗になってた〜〜〜

 

銅板が火の光に照らされ

もうそれは圧巻でしばらく

その場を動けなかった

 

ずっと見入ってしまった

 

 

この大屋根の一部に

自分が書いた銅板が使われてる

 

 

そう思うとちっぽけな

1人の存在でも集まれば

こんなに大きな大役を

成し遂げることができる

 

自分自身をどんどん磨いていこう

 

本当に感動の時間でした

 

 

 

 

自分で書道家として

初めて御朱印を書いてから

御朱印に興味が出てきた笑

 

この御朱印の墨は

藍墨と言って

徳島名物の藍を使った墨なんだって

 

 

一人一人が結束して

完成させるビッグイベントがあります

 

 

ビッグイベント

リボーンアワード2022が

広島で開催されます

 

12月6日(火)是非

応援にきてください

 

魂のプレゼンをします

 

チケット希望の方は

ご一報ください

 

 

 

特別な情報をお届けします

公式LINE登録してね☆

 

 

画像をクリックするとリンクツリーに飛びます

 

ありがとう☆

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 〒615-8213
京都市西京区上桂北村町123−109
営業時間 9:30〜17:30
定休日 日・祝日
書道家 藤井翔夢HP

コメントを残す

人気記事(トータル)

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031