経営理念を創る書道家
藤井翔夢

感無量の一つの区切り

オススメ記事

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

【vol.1457】

 

 

父親としての役目を一つ終えました

どうしようもない親父なのに

笑顔で写真を撮ってくれた

 

 

これからもずっと支えて行きます

 

 

今日はそんなお話です

 


 

百年先も笑顔のある暮らし

を提案する日本で唯一の

書導家&建築デザイナー

 


 

それでは2023年3月19日(日)

いってみよう

 

 

選抜高校野球が開幕しました

ふるさとの香川県からは

英明高校と高松商業の2校が

選抜に出場しています

 

 

昔から四国は野球どころとして

有名で本当に細かい野球を

信条としていました

 

 

この選抜大会の第1回大会の

優勝校は実は高松商業なんです

すごいでしょ?

 

 

高校野球が大好きで甲子園を

目指していた中学時代

結局、諦めてしまった

 

 

それが今でも絶対に人生を

諦めない原動力となっている

 

 

もう2度とやりたいことを諦めたくない

 

 

そんな想いを持ったまま

大人になり仕事をし家庭を持つ

 

 

やがて子供が産まれて

上の息子が少年野球を始めるも

全然、行ってあげられずに

後悔してた。。。

 

 

息子が卒団する頃、なんと娘が

 

 

お父さん野球やりたい

 

 

まさかのこの言葉に当時

2度目の経営危機で自宅で

仕事をしていた俺は

3年間娘ともう一つの甲子園

全国大会を目指そうと決意した

 

 

まだ3年生の終わり頃で

身体も細く鈍臭かった

 

 

でも根性だけは娘は半端なかった

 

 

毎日5時に起きて学校に行く前に

ティーバッティングを欠かさなかった

 

 

いつの日か野球の神様が必ず

お前をヒロインにしてくれる日が来る

そう言いながら練習した

 

 

監督代行だった俺は3年間

必死でチームを作った

 

 

その甲斐あってか弱小だったチームは

見事6年生の夏、全国大会へ出場した

 

 

全国大会の大舞台でヒロインの

チャンスがやってきた

 

 

0対6で負けてた試合は

あと1点取らないとコールドゲーム

 

 

チャンスが巡り監督が娘を代打に出した

 

 

ここだ!!!

 

 

ベンチを鼓舞しスタンドも大応援

 

 

2アウトランナー2、3塁

2ボールからの3球目

 

 

娘が振ったバットは見事に

2点タイムリーヒットとなり

その後、チームは何と7対6で

サヨナラ勝ちをした

 

 

その日はまさしくチームの

ヒロインになったのだった

 

 

その後、陸上部に入り

高校ではやり投げで京都チャンピョン

インターハイの近畿予選まで行った

 

 

附属高校だったためそのまま

大学に進学し普通の女子大生になった

 

 

その娘が昨日無事に卒業した

 

 

 

 

お父さんと一緒に写真撮ったら

顔が小さく見えるし嬉しい

 

 

お〜〜〜い

そこか〜〜〜い(笑)

 

 

本当に可愛い娘になった☆

 

 

5年前に離婚してもこうして

娘の卒業を迎えることができた

 

 

ダメダメな親父

どうしようもない親父

 

だから養育費をきっちり払ってきた

 

 

親父としての役目が

一つ終わりました

 

 

これから社会人になるけど

何かあれば親父は全力で守っていきます

 

 

今日は親バカなブログになったけど

お許しください

 

 

 

【今日の禅語】

 

 

 

 

春水満四沢

しゅんすいしたくにみつ

 

 

春の雪解け水は、四方の沢に満ちて

春の草木が芽吹く源となる

 

 

どんな花も裏方なしには咲かない

 

 

 

今日も読んでくださり

ありがとうございます

 

 

 

 

特別な情報をお届けします

公式LINE登録してね☆

 

 

画像をクリックするとリンクツリーに飛びます

 

ありがとう☆

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 〒615-8213
京都市西京区上桂北村町123−109
営業時間 9:30〜17:30
定休日 日・祝日
書道家 藤井翔夢HP

コメントを残す

2023年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031